副業を始めるならプログラミングがおすすめ!

プログラミング

僕は3年ほど前からプログラミングをやっています。プログラミング言語はPythonというデータ分析や機械学習、AI開発によく用いられる言語です。

今回は副業を始めたい方向けにプログラミングを紹介します。「プログラミングってなんだか難しそう」と思っている方もいるでしょうが、この記事を読んで少し自信を持ってプログラミングに挑戦していただけたら嬉しいです。

プログラミングとは

最近ではIT技術が発達し小学校と中学校でも義務教育としてプログラミングを学ぼう!というふうになりつつありますが、プログラミングってどうゆうことをするのか?について解説します。

プログラミングとは簡単に言うと、コンピュータに対して命令をする文章を作ることです。この文章がプログラムと呼ばれるものです。

例えばスマホの画面に「なおコンサルティング」という文字を表示させるとします。この時プログラミングでは「なおコンサルティング」という文字を表示させるためのプログラムを書く必要があります。これがプログラミングです。

プログラミングとは大体こんな感じだと思っていただければ大丈夫です。

プログラミング言語とは

次にプログラミング言語についてですが、みなさんはJava(ジャバ)を聞いたことがありますか?Javaは世界的にも非常に有名なプログラミング言語の1つです。このプログラミング言語とは一体何なのか?

コンピュータは複雑な数列のプログラム(機械語)しか理解することができず、コンピュータに命令をするときはこの複雑な数列でプログラミングする必要があります。しかし人間がこの複雑な数列を理解することは非常に困難なものです。そのため人間が理解できるプログラミング言語を使うことで、複雑な数列を使わず簡単にコンピュータに命令することができます。

つまりプログラミング言語とはコンピュータと人間の間に入って、人間でもコンピュータに命令がしやすいように複雑な数列を翻訳し人間が理解しやすいようにしたものになります。

プログラミング言語の種類

プログラミン言語にはいろいろな種類があり、それぞれに特化して開発できるものがあります。例えば僕が使っているPythonは機械学習やAIの開発に特化しています。

今回はそれぞれの言語について詳しくは解説しません。

まずスマホのアプリやゲームを開発するなら、AndroidスマホはJavaやKotlin、iOSスマホ(iPhone)はSwiftがあります。パソコンのソフトを開発するなら、CやC#などがあります。パソコンのゲームやテレビゲームを開発するならC+、webサイトを開発するならJavaScriptやPHP、Rubyなどがあります。

ただしPythonだからと言って、機械学習やAIの開発しかできない。ということはなくライブラリやフレームワーク、ゲームで言うところのmodのような拡張機能を使うことで他の分野も開発することができます。例えば、スマホのアプリやゲーム、パソコンのソフト、webサイトなど開発することができます。あくまでその分野に特化しているというだけです。

ですがAndroidスマホを開発したいけどPythonを勉強しよう。というのは間違いです。最初から開発したいものがあるなら、その分野の開発に特化したプログラミング言語を選びましょう

自分の開発したいものがない人はあとで紹介するweb開発がおすすめ!その理由も後ほど解説します。

副業に向いている理由

ここまではプログラミングについて簡単に解説してきましたが、ここからはプログラミングがどうして副業に適しているのかについて話していきます。

IT技術が進歩している世界でプログラミングの需要は非常に高いです。

しかし日本ではプログラミングを使う職業であるエンジニア(プログラマー)の数が全く足りておらず、日本政府は「2030年には約79万人ものエンジニアが不足する」と発表しております。これがエンジニア不足問題ですね。

つまりエンジニア(プログラマー)は需要が高いにも関わらず、全く足りていないということです。

副業にするメリット

プログラミングの需要が高いということは、常に仕事があり続けるので仕事を失うことはありません。副業をする際によく利用されるクラウドソーシングサービス(個人間で仕事の契約ができるサービス)では常にプログラミングの案件がたくさんあります。

また仕事がたくさんあるということは、自分から仕事を選べるということです。もちろん技術のない最初の頃は自分が仕事を選ぶことは難しいでしょうが、少し技術がついてくると自分が仕事を選ぶことができるようになります。

他にも需要が高く人材が不足しているので仕事を依頼したい企業などは互いに人材獲得のために、エンジニア(プログラマー)に対して高い給与を提示するようになります。いわばエンジニア(プログラマー)の競りが企業などの間で行われるということですね。これによりエンジニア(プログラマー)の給与は高くなります

これらのことは本業がエンジニア(プログラマー)の人だけではなく、副業としてプログラミングを行っている人にも該当することですので、プログラミングを勉強するということは副業にとても適しているのです

副業ができるようになる学習時間

プログラミングはよく簡単と言われますが、実際は簡単ってほどでもなくてコンビニのアルバイトをしているほうが何倍も簡単だと思います。

プログラミングで副業ができる学習時間は人にもよりますがだいたい200~250時間と言われています。これは全ての分野で副業ができる学習時間の平均なので、分野によれば100時間の学習でも副業ができるようになります。

おすすめの学習分野はweb開発のフロントエンドです。web開発にはwebサイトの表面を作るフロントエンドとwebサイトの裏側を作るバックエンドがあります。フロントエンドは簡単で初めてプログラミングを学習する人が多く選択します。

フロントエンドで使われるプログラミング言語はHTML、CSS、JavaScriptです。

おすすめの学習方法

プログラミングの学習方法はいくつかあります。

プログラミングの学習ができるサイトを利用したり、本を読んで学習したり、プログラミングスクールに通って先生に教えてもらったり…。

始めてプログラミングを学習する人の多くはまず簡単に始められるプログラミングの学習ができるサイトを利用します。プログラミングの学習ができるサイトの多くは無料で始めやすいというのが選ばれる理由でしょう。

有名なサイトではProgateやドットインストール、paizaラーニングなどがあります。これらのサイトは基礎の学習は無料で、発展の学習から有料版になります。有料と言っても月額1000円くらいなので、僕としては有料版まで学習することをおすすめしています。

最初に始めるならProgateがおすすめです。Progateは教材がイラストやテキストでわかりやすく、実際にプログラムを書きながら学習することができるので、学習内容がしっかりと定着します。まずは無料で始めてみましょう。

公式サイトを見る

最後に

今回はプログラミングについて簡単に紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?なんとなくでも良いのでプログラミングの素晴らしさを理解していただけると嬉しいです。

まずは副業としてプログラミングを始め技術がついてきたら本業として今の仕事から転職するというのもありだと思います。実際に僕の友人の中でも公務員として働いていた間にプログラミングを始め、半年足らずでエンジニアとして転職していました。給与も公務員の2倍以上になったそうです。

Progateのように無料でプログラミングを始められるので、一度プログラミングに挑戦してみてはいかがですか?失敗しても損することは何もありませんよ。

【なおくんのSNS】

【note】

noteでもスマホやパソコンなどの記事を書いていますので、ぜひご覧ください。あとフォローもお願いします。

【案件の依頼やお問い合わせはこちら】

    プログラミング
    naokunをフォローする
    なおコンサルティング
    タイトルとURLをコピーしました