5万円台なのにハイエンドのPixel 6aレビュー

スマホ/タブレット

どうも、なおです。

今回は7月28日に発売されたGoogle Pixel 6aを紹介します。

Pixelシリーズにおいて末尾に「a」が付くモデルは廉価版モデルを意味しており、Pixel Pro / Pixel / Pixel aという順で性能・価格が下がります。

基本スペック比較

Pixel 6a Pixel 6
SoC Google Tensor Google Tensor
メモリ 6GB 8GB
ストレージ 128GB 128GB / 256GB
バッテリー容量 4,410mAh 4,614mAh
画面サイズ 6.1インチ 6.4インチ
重量 178g 207g
おサイフケータイ 対応 対応
5G 対応 対応
デュアルsim nanoSIM × eSIM nanoSIM × eSIM
価格 53,900円 74,800円 / 85,800円

SoCは両者ともにGoogleが独自開発したTensorを搭載しています。

処理性能で違う点はメモリ容量のみですね。ゲームをプレイするにしても6GBあれば十分なので、6GBと8GBの処理性能を体感することはほとんでできないと思います。

ストレージに関してはPixel 6が128GBモデルと256GBモデルが用意されているのに対して、Pixel 6aは128GBモデルのみです。

画面サイズは0.3インチしか変わりませんが、バッテリー容量はPixel 6aのほうが約200mAh少なく、重量は約30g軽いです。スマホにおける30gの差はかなり大きいですよ。

おサイフケータイはどちらも対応ということなので、ID決済等のキャッシュレス決済が可能です。

カメラ比較

Pixel 6a Pixel 6
広角カメラ 1220万画素
デュアルピクセル広角カメラ
5000万画素
Octa PD Quad Bayer広角カメラ
F値 1.7 1.85
手ぶれ補正機能 光学式/電子式手ぶれ補正 光学式/電子式手ぶれ補正
画角 77° 82°

Pixel 6a・Pixel 6はアウトカメラとして広角カメラと超広角カメラが搭載されています。そのうち広角カメラのみ違いがあります

まず画素数が大きく異なり、Pixel 6aはPixel 6のおよそ4分の1ほどしかありません。またPixel 6にはSamsungのISOCELL GN1というイメージセンサーが採用されており、Pixel 6aより1.5倍も多く光を取り込むことが可能です。

しかしどちらのカメラも高い画像処理性能を誇るTensorのおかげでノイズの少ない美しい写真撮影が可能です。Pixel 6aの動画性能に関しては未知数ですが、おそらくPixel 6と遜色ない性能ではあると思います。

画角はセンサーの影響もありPixel 6aのほうがやや狭いです。

詳細な比較

ここからは細かい違いについて紹介します。

最大リフレッシュレートの違い

まずは最大リフレッシューレトが異なります。

Pixel 6は最大90Hzだったのに対して、Pixel 6aは最大60Hzになっている。Pixel 6は60Hzにも変更可能だがPixel 6aはおそらく60Hz固定だと思われる。

バッテリー機能の違い

バッテリー容量が異なることは最初にも述べたが、他にもバッテリー機能に違いがある。

Pixel 6はスーパーバッテリーセーバー(省電力モード)を有効にすれば最大48時間駆動可能なのに対して、Pixel 6aは最大72時間も駆動可能になっている。

この情報はGoogle公式ストアから引用しているのだが、普通に考えてバッテリー容量が少ないPixel 6aのほうが最大駆動時間が24時間も長いのはおかしいと思う。SoCも同じなのに。Pixel 6のリフレッシュレートを90Hzに設定して計測したとしても、これほど差が出るとは思えない。

これに関しては疑問ですね…。

あとPixel 6は急速ワイヤレス充電バッテリーシェア(他デバイスをワイヤレス充電)に対応しているが、Pixel 6aはどちらも非対応です

IP67とIP68の違い

IPは防塵・防水の規格で、1つ目の数字が第1特性数字つまり防塵規格を表す。2つ目の数字が第2特性数字つまり防水規格を表す。

防塵規格は【0】~【6】まであり、【6】は完全な防塵構造を表す。

防水規格は【0】~【8】まであり、【7】は水面下15cm~1mにおいて約30分間耐えられる構造を表す。【8】は水面下1.5mにおいって約30分間耐えられる構造を表す。

どちらにせよIP67もIP68も完全なる防水というわけではないので、お風呂やプールでの使用は極力控えたほうが良い。

マイクの違い

Pixel 6はマイクが3つ搭載されているのに対して、Pixel 6aは2つのみ。

おそらくこの違いはないに等しいと言えるだろう。

カラーバリエーションの違い

カラーはそれぞれ3色ずつ用意されている。

画像引用:Google Store
画像引用:Google Store

Stormy BlackとCharcoalは写真で見る限り全く同じ色ですね。

Sorta SeafoamとSageも同じ色かと思ったんですが、Sageのほうが少し色が濃いですね。

買うならどっち??

ここまでPixel 6aとPixel 6の違いについて比較してきましたが、Pixel 6aを買うべき人は…カメラにこだわりがない人かな。

カメラ性能以外にも違いはありますが、多くの人はメモリが2GB少なくても違いを体感できないし、ゲームをプレイするにしても60Hzで不満に感じる人も少ないだろうから、多くの人はPixel 6aでも十分満足だろう。

むしろPixel 6aのほうが30gも軽いし、なにより価格が2万円以上安い

僕のおすすめは断然【Pixel 6a】だね。

コスパは良いのか??

コスパは素晴らしく良い…Google Tensorを使ったことがない人であれば性能に不安を持つかもしれないが、ベンチマークスコアを見ればその心配も晴れるだろう。

Antutuベンチマークの総合スコアは平均70万点で、iPhone13の総合スコアが平均75万点と考えると相当なハイスペックだと分かる。Tensorも調子が良い時だと77万点に達することもあるので、ほぼ互角と言えるだろう。

またゲームに必要なGPUなど3Dグラフィックの性能に関してはAntutuでもSnapdragon 888を超えている

つまり通常の処理性能もゲームの処理能力もトップクラスであるということ。

これほどの性能を持ったSoCを搭載して価格が53,900円というのは恐ろしい。Xiaomiスマホにも引けを取らないハイコスパスマホに仕上がっている。

これは買いですね。

最後に

今回はPiexel 6aの性能をPixel 6と比較しながら紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

Pixel 6aの発売は7月28日ですが、既に予約を開始しています。価格は53,900円です。

【なおくんのSNS】

【note】

noteでもスマホやパソコンなどの記事を書いていますので、ぜひご覧ください。あとフォローもお願いします。

【案件の依頼やお問い合わせはこちら】

    スマホ/タブレット
    naokunをフォローする
    なおコンサルティング
    タイトルとURLをコピーしました