SonyのゲーミングモニターINZONE M9がゴミすぎて絶望…。

ディスプレイ

どうも、なおです。

今回は話題の新製品『INZONE M9』というゲーミングモニターをレビューします。

価格は驚異の154,000円!?

モニターとは思えないほど高額ですが、発売前に有名YouTuberが案件でレビューしているのを見て、思わず買ってしまいました。(僕1人で買ったわけではなく友人2人と割り勘して買いました)

いくらハイスペックといえども、さすがに154,000円は高くないか?とは思いましたが、スペックでは語れないこともあるだろうと期待して買ったのですが….。

完全に騙された気分ですね。

INZONEとは

INZONEは新しくできたばかりのSonyのゲーミングブランドです。

現在では今回レビューしているINZONE M9の他に、INZONE Hというゲーミングヘッドセットが発売されています。

INZONE Hは12,100円~36,300円なのでゲーミングヘッドセットとしては普通くらいだと思います。価格が異様に高いのはINZONE M9のみです。

スペック表

画面サイズ 27インチ
パネルタイプ IPS液晶 / 非光沢
解像度 4K (3840×2160)
リフレッシュレート DP:最大144Hz
HDMI:最大120Hz
応答速度 1ms
VESA DisplayHDR DisplayHDR 600
最大表示色 10.7億色 (10bit)
インターフェース DP×1 / HDMI×2
USB-C×1 / USB-B×1
USB-A×3
ヘッドホン出力

応答速度とは・・モニターの色が別の色に変わるまでにかかる時間のこと。応答速度が遅いと残像が多くなりFPSゲームなどでは不利になる。

1msはゲーミングモニターとしては一般的ですが、ゲームをするなら最低でも5msは必要ですね。

VESA DisplayHDRとは・・画面の明るさや、明暗部のコントラスト、黒から白への輝度、応答時間などの規定。

DisplayHDRは400のことがほとんどで、600を搭載しているのは珍しい。

魅力

魅力はいくつかありますが、そのどれもが154,000円という価格に見合わないものなので、実質ないようなものだと思います。

ですが一応紹介しておくと

  • 4K×144Hz
  • スタイリッシュなスタンド
  • ベゼルレス
  • VESA対応
  • HDR600対応

などなど…。

ACアダプタがデカすぎる

開封して思ったのが「ACアダプタでか!!」ということ。

まず最近のモニターは当たり前のようにACアダプタを内蔵しているなかで、154,000円ものモニターがACアダプタを内蔵していないことに驚きです。

僕が使用しているDellの15,000円のモニターですらACアダプタを内蔵してますよ。

しかもデカい。

寸法はだいたい17cm×9cm×4cmで、出力は驚異の160W!消費電力はアイドル(通常)時で139Wもあります。

スタンドが不安定すぎる

これが1番のイラッとポイント!

スタンドの脚が3点のせいで、モニターが斜め方向に倒れやすくなっています

おそらく設計者はかっこいいと思ってこのような脚にしたのだとは思いますが、かっこいいが故にモニターが不安定になってしまっては本末転倒だと思います。

普通のモニターはこのような四角形やクワガタの角のような形をした脚が多く、非常に安定性高いです。また四角形の脚であれば、この上にキーボードを収納したり、小物を置いたり、スピーカーを設置したりもできるので、個人的には四角形が好みです。

さらにスタンドの組み立てにドライバーが必要なことにも驚きました。Dellのモニターであればドライバー等の工具が不要で簡単に組み立てられます。

スピーカーがゴミすぎる

モニターにはスピーカーが内蔵されており、僕は世界的音響機器メーカーSonyの内蔵スピーカーはどれほどのものなのか、という期待を持っていました。

しかしスピーカーも「残念」の一言でした。

音はスカスカで2, 3万円のスピーカー内蔵モニターと大した差はないように感じました。できれば内蔵スピーカーを排除して、価格を少しでも下げてほしいと思います。

他にも…

INZONE M9には他にも欠陥と言える残念なポイントがあるので、簡単に紹介します。

ノイズの影響を受けやすい

ノイズの影響により表示がおかしくなったりすることが多々あります。最初は使用しているDPケーブルが良くないのかと思い、6,000円ほどの高級なDPケーブル(1.5m)を購入し再度映像出力してみましたが、症状は全く変わりませんでした。

これに関しては不良品の可能性もあるので、今後メーカーに問い合わせてみようと思います。

色が鮮やかすぎる

これは褒め言葉のようにも聞こえますが、表示される色が濃すぎるということです。

極端に言えば、赤が赤紫に見える感じです。数種類のモニターと比較しても、INZONE M9だけ他と違う色をしています。

できれば購入後にキャリブレーションツール等で色補正をしたほうが良いと思います。

映像出力ケーブルの付属なし

154,000円なのにHDMIケーブルもDPケーブルも何も付属していません

多くの人は既にケーブルを持っていると思うので不要だとは思いますが、154,000円もするなら2本くらいは付属していてもおかしくないと思うのですが…。

3辺ベゼルレス

高級なモニターはだいたい4辺ベゼルレス(縁が狭い)なことが多いですが、INZONE M9は下辺を除く3辺しかベゼルレスではありません。

なので少し安っぽく見えてしまいます。これは主観が大きいので、他の人にはかっこよく見えるかもしれません。

代替となるおすすめのモニター

最後にINZONE M9とほとんど同じ性能かつ低価格なモニターとして「LG UltraGear 27GP950-B」を紹介します。

画面サイズ 27インチ
パネルタイプ IPS液晶 / 非光沢
解像度 4K (3840×2160)
リフレッシュレート DP/HDMI:最大144Hz
応答速度 1ms
VESA DisplayHDR DisplayHDR 600
最大表示色 10.7億色 (10bit)
インターフェース DP×1 / HDMI×2
USB-B×1 / USB-A×2
ヘッドホン出力

インターフェース以外は全く同じです。と言ってもインターフェスはどちらも必要十分にあるので、あってないような差ですね。

価格は約110,000円です!

ほぼ同じ性能にも関わらず4万円以上も安く、INZONE M9にはなかった特徴がこんなにもあります。

  • 脚が安定している
  • 縦画面にできる
  • 4辺ベゼルレス
  • キャリブレーション対応
  • アイドル(通常)時の消費電力は65W
  • HDMIケーブル&DPケーブル付属
  • 電源内蔵

もしも、これほどのハイスペックなモニターがほしい方は、こちらのモニターを買うことをおすすめします。

最後に

今回は最近話題のSony INZONE M9をレビューしましたが、いかがでしたでしょうか?

発売前に多くのガジェット系YouTuberの方々が案件でレビュー動画を投稿しており、大半の人は良いことしか言っていませんでした。もちろん案件でお金をもらってやっているので、良いことしか言えないような気持ちは分からなくもないですが、視聴者に誤解をさせるようなレビューは良くないと思います。

INZONE M9の話に戻りますが、結論を言うと絶対に買わないでください。というよりも154,000円もモニターにかける人はそうそういないと思うので、無駄な忠告かもしれませんね。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。それでは、また👍

【なおくんのSNS】

【note】

noteでもスマホやパソコンなどの記事を書いていますので、ぜひご覧ください。あとフォローもお願いします。

【案件の依頼やお問い合わせはこちら】

    ディスプレイ周辺機器
    naokunをフォローする
    なおコンサルティング
    タイトルとURLをコピーしました