ガジェヲタが選ぶおすすめのキーボードTOP5

キーボード/マウス

どうも、なおです。

今回はタイトルの通り【ガジェヲタ(僕)が選ぶおすすめのキーボードTOP】を紹介します!

僕は年間5~10台ほどのキーボードを買っており、ガジェヲタの友人にも度々キーボードを借りたりしているので年間20~30台ほどのキーボードに触れています。なので今回紹介するキーボードは、どれを買っても後悔しないと思います。

あとTOP5と言っていますが順位は付けていません。

では…本編Let’s Go!

Logicool KX800 MX KEYS

MXシリーズといえばマウスが有名ですが、このキーボードも同じくらい素晴らしい製品です。

このキーボードは1つ1つのキーが丸く凹んでおり、タイピングするたびに指先がフィットしてタイピングがしやすいです。事実このキーボードを使うだけで平均キータイプ数が0.6上がりました

また特徴の1つとしてマルチOSに対応しています。WindowsでもMacでも使えるようなキー配置になっています。例えばこんな感じ。

  • [windows] startキー:[mac] optキー
  • [windows] altキー:[mac] cmdキー

さらに最大3台の端末と接続が可能で、ボタン1つですぐに切り替えられます。

このキーボードはUSB-Cでの充電式で最大で5ヶ月間使用可能です。

他にもこのキーボードはキー1つ1つにバックライトが搭載されており、周囲の明るさに応じて自動調整してくれるので、暗い場所ではバックライトによってキーボードが見やすくなります。

欠点は打鍵感がほとんどない点ですね。

本体が薄い代わりに打鍵感がほとんどありません。僕はタイピングが好きなので、打鍵音はかなり重要な項目なのですが、このキーボードはパチパチとした音で、キーストロークも短いのであまり好みではありません。

僕のような打鍵感を重視する人やキーストロークが深いほうが好きという人には向かないキーボードかもしれません。

価格はAmazonで16,000円です。

東プレ REALFORCE R2

おそらくリアルフォースを知らない人はいないでしょう、と思うほど有名なキーボードですよね。

リアルフォースの1番の特徴は、静電容量無接点方式というスイッチを採用していることです。

このスイッチは耐久性が高く打鍵感も素晴らしいです。

従来のキースイッチはキーを押すたびに内部でパーツ同士が物理的にぶつかってキーを押したことを感知しているのに対して、静電容量無接点方式はキーを押すと内部で静電気が発生しキーを押したことを感知しています。

従来の仕組み
静電容量無接点方式の仕組み

つまり静電容量無接点方式は物理的なパーツ同士のぶつかり合いがない分、耐久性も高いということです。これによって生まれる打鍵音がスコスコとした気持ち良い音になります。

キースイッチのスペックは、キーが押されたことを感知する高さが1.5/2.2/3.0mmの3段階で調整が可能、キーストロークは4.0mm押下圧は45gです。

欠点になるかは分かりませんが、普通のキーボードよりも段違いに重たいので持ち運びは難しいです。(重量:約1.1kg)

価格はAmazonで31,350円です。

Logicool G PRO X

これもゲーミングキーボード界では有名なキーボードです。

このキーボードにはクリッキーというLogicool独自の軸が使われています。クリッキーはCHERRY MXスイッチの青軸にあたります。

青軸はゲーミングキーボードに最もよく使われている軸で、カチカチとした音が特徴ですね。

この軸は別売りのタクタイル(茶軸)やリニア(赤軸)と交換が可能です。それぞれキーが押されたことを感知する高さとキーストロークが異なります。押下圧は全て50gです。

  • タクタイル:反応高さ1.9mm / キーストローク4.0mm
  • リニア:反応高さ1.9mm / キーストローク4.0mm
  • クリッキー:反応高さ2.0mm / キーストローク3.7mm

このキーボードは”ゲーミングキーボード”なので光ります。光り方はG HUBという専用ソフトで制御が可能です。

接続は有線で脱着が可能なマイクロUSBケーブルが付属しています。

欠点は音がうるさいことです。これはクリッキーに限った話ではありますが、タイピングするたびにカチカチとした音が聞こてえるので、とてもうるさく感じます。ヘッドホンやイヤホンをするとあまり気にならないです。

価格はAmazonで11,709円です。

別売りのタクタイルリニアの価格はAmazonで6,000円です。

Lenovoトラックポイントキーボード

このキーボードは今まで紹介してきたキーボードに比べるとマイナーですが、とても合理的で利便性に優れたキーボードです。

これはLenovoのThinkPadというノートPCシリーズで採用されているキーボードと同じで、最大の特徴はGHの間の赤い点スペースバー下に配置されたキーです。

これらはマウスの機能を持っており、指で赤い点を倒すと指定の方向にマウスカーソルが移動します。またスペースバー下のキーは左クリック右クリックの機能があり、このキーボード1つでマウスの機能も兼ねています。

これこそまさに「合理的」ですね。

操作方法としては、指を普通のホームポジションに置き、赤い点を利き手の人差し指で、左クリックを左親指で、右クリックを右親指で押す感じです。

本体はかなり薄く重量も516gほどしかありませんので、持ち運びにも便利です。

接続方式はBluetoothまたはUSBレシーバー(2.4Ghz)接続から選べます。充電はUSB-Cケーブルで行い、駆動時間は約2ヶ月です。

欠点はバッテリーが少ないために駆動時間が短いことですね。

価格はAmazonで6,298円です。

Havit メカニカルキーボード

このキーボードはメーカーもマイナーで聞いたことがない人のほうが多いと思います。

Havitは周辺機器などの製造販売を行っている中国のメーカーです。

このキーボードの最大の特徴はテンキーレスサイズでテンキー付きということです。

「は?」と思うかもしれませんが、写真を見れば分かると思います。

テンキーレスキーボードは普通の文字入力部分とショートカット(コマンド)キー部分がありますが、このキーボードはそのショートカット(コマンド)キー部分がテンキーになっています

ですがショートカット(コマンド)キー部分も兼ねています。FnBackSpaceでテンキーモードのON/OFFの切り替えができます。OFFにすると各数字のキーがショートカット(コマンド)キーになります。例えば、Delete. / End1 / PageUP9って感じです。

このキーボードについては過去にレビュー記事を書いているので詳しくはこちらをご覧ください。

価格はAmazonで8,691円です。

まとめ

今回は僕がおすすめするキーボードTOP5を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

最初の3つは割りと王道だったと思いますが、後の2つは初めて知った人も多いのではないかな。

特にLenovo ThinkPad トラックポイントキーボードはマウス要らずなので、とても便利ですよ。一度使ったらやめられなくなるくらい便利で使いやすいですよ。

とまぁ今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

それでは、また。

【なおくんのSNS】

【note】

noteでもスマホやパソコンなどの記事を書いていますので、ぜひご覧ください。あとフォローもお願いします。

【案件の依頼やお問い合わせはこちら】

    キーボード/マウス周辺機器
    naokunをフォローする
    なおコンサルティング
    タイトルとURLをコピーしました