新品5万円で買えるおすすめスマホ5選!!

スマホ/タブレット

どうも、なおです。

今回は5万円以下で買えるおすすめのスマホを5つ紹介します!

お金のない学生・スマホに興味がない人・サブスマホを探している人は是非参考にしてください。

※紹介するスマホは全てsimフリー版です。また価格は2022年5月2日時点でのAmazonの価格です。参考程度にご覧ください。

選択基準

数ある5万円以下のスマホの中から今回紹介する5つのスマホを選んだ基準について紹介します。

  1. 日本国内でもsimフリー版が販売されている
  2. 割りと知名度が高いメーカー製
  3. ネットやSNSがまともに使える

基準と呼べるほどでもありませんが、この3つに当てはまるスマホの中から僕が個人的に使いやすいと思っているスマホ一般的にも評価の高いスマホを選びました。

3つ目に書いてある通り紹介するスマホは全てネットやSNSが快適に利用でき、軽いゲームならプレイできる程度の性能を持っています

【Xiaomi】Mi 11 Lite 5G

CPU Snapdragon 780G
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
バッテリー容量 4250mAh
画面サイズ 6.55インチ
重量 159g
おサイフケータイ 対応◯
指紋認証 対応◯
5G通信 対応◯
デュアルsim 対応(nano-SIM/nano-SIM)
価格 42,134円

この機種の魅力はなんと言っても”軽い“ことです!

重量はたったの159gしかありません。最近のスマホは200g前後が主流なので159gというのはめちゃくちゃ軽いですよね。

今まで200g前後のスマホを使っていた人が、この機種を初めて持った時はかなり衝撃を感じるでしょう。僕もこの機種を買う前にMi Note 10 Liteという204gのスマホを使っていたのですが、初めてMi 11 Lite 5Gを持った時はすごく違和感を感じました。

ただ1度使ってしまったら2度と200g前後のスマホを持てない気がします

重量の軽さ故にバッテリーが4250mAhしかありません。なので駆動時間は15~20時間程度です。LINEや電話くらいしかしない人であれば1日は余裕で保ちますね。ただYouTubeなどの動画を見るとなると半日~ギリ1日保つかな…くらいです。

まぁ毎日夜中に充電すれば何の問題もありませんけどね。

重量とバッテリー容量はトレードオフなので、どちらかを捨てるしかないんですね。

肝心の処理性能ですが、ほとんどのゲームがプレイできるので不自由は感じないと思います。

【詳細なレビューはこちらの記事を参照】

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)

【OPPO】Reno5 A

CPU Snapdragon 765G
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
バッテリー容量 4000mAh
画面サイズ 6.5インチ
重量 182g
おサイフケータイ 対応◯
指紋認証 対応◯
5G通信 対応◯
デュアルsim 対応(nano-SIM/eSIM)
価格 39,800円

低価格スマホとしては定番の機種ですね。

4万円以下なのにSNSやネットサーフィンはもちろん、軽いゲームもプレイできるほどの処理性能を持っていて、画面サイズ・重量も平均的です。さらにおサイフケータイや5G通信などの付加価値も付いていて、かなりバランスの取れた機種だと思います。

子供の初めてスマホやメインスマホとしての利用も良いと思います。

この機種は指紋認証センサーが本体背面にあります

なのでスマホを持った状態で人差し指を背面に伸ばすだけで指紋認証ができます。しかし机にスマホを置いている場合、ロック解除するためには一度スマホを持ち上げる必要があります。

指紋認証の他に顔認証もありますが、専用センサーではなく内カメラを使ったシステムなのであまり制度は良くないです。

またバッテリーは先程紹介したMi 11 Lite 5Gよりも少ない4000mAhしかありません。それでも駆動時間は15時間前後なので必要十分だとは思います。

【Xiaomi】Redmi Note 11

CPU Snapdragon 680
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
バッテリー容量 5000mAh
画面サイズ 6.43インチ
重量 179g
おサイフケータイ 非対応✕
指紋認証 対応◯
5G通信 非対応✕
デュアルsim 対応(nano-SIM/nano-SIM)
価格 24,800円

この機種は2022年の3月に発売されたばかりの最新スマホです。

処理性能は今回紹介する5つのスマホの中でも最も低いですが、その代わりにバッテリー容量が多く価格も安いです。

処理性能が低いとは言えSNSとネットサーフィンは快適に動作します。ゲームはできないものだと思っていてください。またおサイフケータイや5G通信にも対応していません

この機種は5000mAhのバッテリーと、低電力なCPUを搭載しているので駆動時間は1日半~2日程度です。

また背面には5000万画素の広角カメラを搭載しているので、大容量のバッテリーを活かした長時間の動画撮影が可能です

ちなみに僕は完全に動画撮影用スマホとして使ってますね。

【Samsung】Galaxy M23 5G

CPU Snapdragon 750 5G
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
バッテリー容量 5000mAh
画面サイズ 6.6インチ
重量 198g
おサイフケータイ 非対応✕
指紋認証 対応◯
5G通信 対応◯
デュアルsim 対応(nano-SIM/nano-SIM)
価格 40,975円

この機種は先程紹介したXiaomi Redmi Note 11よりもさらに最新のスマホで発売日は2022年4月です。

この機種はOPPO Reno5 Aのライバル機種と言われており、処理性能はほとんど同じですがおサイフケータイが搭載されておりません。その代わりOPPO Reno5 Aよりも1000mAhも多くバッテリー容量を搭載しています

またデュアルsimがOPPO Reno5 Aはnano-SIMとeSIMという組み合わせに対して、この機種はnano-SIMとnano-SIMという組み合わせです。現在はまだeSIMが普及していないので、nano-SIMが2枚挿せるというのは1つの強みと言えるのではないでしょうか。

大したことではありませんが、液晶パネルにTFT液晶という少し珍しい液晶が採用されています。TFT液晶が有機ELなどと構造的に何が違うのかは置いといて、どのような特徴があるのかを紹介します。

まずTFT液晶は応答速度が速いです。応答速度というのは指で触れてから画面が認識するまでの速度ですね。つまりなめらかな操作が可能ということです。また色のコントラスト比が少し高めです。これは他の液晶パネルと比較してようやく分かる程度の差なので気にならないと思います。

またリフレッシュレートが最大120Hzですので、映画鑑賞やゲームにはかなり向いていますね

他にもFM(電波)を受信することができるのでスマホでラジオを聞くこともできます。僕は使ったことがないので利用したい方はご自身で調べてください。

【SHARP】AQUOS sense6

CPU Snapdragon 690 5G
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
バッテリー容量 4570mAh
画面サイズ 6.1インチ
重量 156g
おサイフケータイ 対応◯
指紋認証 対応◯
5G通信 対応◯
デュアルsim 対応(nano-SIM/eSIM)
価格 35,790円

最後は日本のSHARPが作るスマホAQUOS sense6を紹介します。

このスマホの特徴は1つ目に紹介したMi 11 Light 5G同様に”軽さ“ですね。

重量はMi 11 Light 5Gとまったく同じです。しかしバッテリー容量が少し違います。この機種のほうが320mAh多いです。おそらくMi 11 Lite 5Gのほうが、この機種よりも薄いのでしょう。

処理性能はMi 11 Light 5Gのほうが高いですね。メモリは4GBしかなくて、CPUも1世代古いですね。それでもSNSやネットサーフィンは快適にできますし、ゲームもある程度できるので全然問題ないです

デュアルsimがOPPO Reno5 A同様にnano-SIMとeSIMの組み合わせなので、デュアルsimでプランを組む時は少し不便ですね

付加価値の有無リスト

今回紹介したスマホであれば、どれを購入しても不便を感じないとは思いますが、おサイフケータイや5G通信などは付いているスマホと付いていないスマホがあるので一応まとめておきます。

おサイフケータイ搭載スマホ🔻

  • 【Xiaomi】Mi 11 Lite 5G
  • 【OPPO】Reno5 A
  • 【SHARP】AQUOS sense6

5G通信対応スマホ🔻

  • 【Xiaomi】Mi 11 Lite 5G
  • 【OPPO】Reno5 A
  • 【Samsung】Galaxy M23 5G
  • 【SHARP】AQUOS sense6

nano-SIM×nano-SIMのスマホ🔻

  • 【Xiaomi】Mi 11 Lite 5G
  • 【Xiaomi】Redmi Note 11
  • 【Samsung】Galaxy M23 5G

結論:困ったらコレを買いましょう

今回紹介した5つのスマホの中からすら、選べないというバカ者は【OPPO Reno5 A】を買いましょう。下のボタンを押せばすぐに買えます。

最後に

今回は僕がおすすめする5万円以下のスマホをまとめて紹介しましたが、いかがでしたか?

このネタを考案したときはiPhonSEも紹介するつもりでしたが、最新のiPhoneSE3が6万円くらいだったので諦めました。前モデルのSE2は5万円以下で購入できますが、SE3が発売されてから新品がどこにも売ってなかったので、こちらも諦めました。

てな感じで終わっときましょうか。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

それでは、まったねぇ~

【おすすめのブログ | 重藤録】

重藤録はタブレットを中心に数多くのガジェットを紹介するブログです。是非ご覧ください。

【なおくんのSNS】

【Twitter】

Twitterやっていますので、ぜひフォローお願いします🙏

【note】

noteでもスマホやパソコンなどの記事を書いていますので、ぜひご覧ください。あとフォローもお願いします。

【案件の依頼やお問い合わせはこちら】

    スマホ/タブレット
    naokunをフォローする
    なおコンサルティング
    タイトルとURLをコピーしました