ahamoとLINEMOは時代遅れ!? 今すぐpovoに乗り換えろ!

ネットワーク

どうも、なおです。

今回はauの格安プランpovoを紹介します。

現在ドコモやSoftbankを契約している人にも是非見てほしい記事になっていますので、最後までご覧ください。

大手キャリアの格安プランとは?

大手キャリアはドコモ・Softbank・au(KDDI)の3社をまとめた総称で3大キャリアとも言います。

最近は楽天モバイルもシェアを伸ばし4大キャリアになろうとしています。

その大手キャリアのドコモが2020年に「月額2,980円で20GBのデータ通信と5分間のかけ放題」というプランを発表した。これには多くの人に衝撃を与えました。

それまでの大手キャリアのプランというものは月額1万円が普通だったので、月額2,980円というのは破格とも言えるプランだったのです。

これをきっかけにSoftbankはLINEMO、auはpovoを発表した

LINEMOとpovoは月額2,480円で20GBのデータ通信のみだが、オプションで月額500円の5分間のかけ放題を追加するとahamoと同じプラン内容・料金になる。さらにLINEMOはLINEが使い放題。

現在のプラン内容

発表からプラン内容が大きく変わったのはpovoとLINEMOのみで、ahamoはほとんど何も変わっていない。

ahamo

ahamoは月額2,970円で20GBのデータ通信と5分間のかけ放題、それに加え海外ローミングが20GBまで無料で使える。

LINEMO

LINEMOはミニプランスマホプランの2つがある。ミニプランは月額990円で3GBのデータ通信のみ、スマホプランは月額2,728円で20GBのデータ通信のみ。どちらもLINEは使い放題になっている。

通話オプションは月額550円で5分間のかけ放題、月額1650円で無制限のかけ放題が用意されている。

povo

povoは何もないプラン内容から始まり、ユーザーが必要な分だけ追加するスタイルになっている。

24時間データ使い放題は1回330円、3GBのデータ通信は1回990円、20GBのデータ通信は1回2,700円、60GBのデータ通信は1回6,490円など…という感じになっている。

通話オプションは月額550円で5分間のかけ放題、月額1,650円で無制限のかけ放題が用意されている。

povoが1番良い

現在のプランを見て僕はpovoが1番良いのではないか?と思いました。

なぜならpovoは他2つに比べ拡張性が高く合理的だからです。

他2つは20GBまでしかデータ通信容量が用意されておらず、20GB以上を使いたいときは割高な超過料金を払うことになります。しかしpovoなら最大150GBまでのデータ通信容量が用意されており、自分にあったプランを組むことができます。

つまりpovoは広いニーズに応えたプランというわけです。

LINEMOのLINE使い放題は微妙

LINEMOの強みとしてLINE使い放題がありますが、実際よくよく考えてみると大したことないんですよね。

みなさんは自分が1ヶ月あたりLINEにどれくらいデータ容量を消費しているか、知ってますか?

おそらくの人は1GB未満、多くても2GBだと思います。それほどしか消費しないLINEが使い放題になったところで大した魅力にはならないと思いませんか?

ちなみに1GBあればLINEでどんなことができるのかと言うと…

トーク(文字のみ) 約50万回
スタンプ 約30万回
画像送受信 約300枚
通話 約50時間
ビデオ通話 約3時間

ビデオ通話をしなければ全然データ容量を消費しないことが分かると思います。

povoの詳細なプラン

ここからはpovoのプランを詳しく紹介します。

povoは先程言った通り0ベースのプランで必要な分だけ追加していくスタイルです。この追加するものを「トッピング」というそうです。

データトッピング

データトッピングは追加していくスタイルなので、1ヶ月の間に2つ, 3つ追加してもOK。もし容量を期間以内に使わなかった場合、その容量は消えてしまうので注意!

料金 期間
データ使い放題 330円 1日間
1GB データ追加 390円 7日間
3GB データ追加 990円 30日間
20GB データ追加 2,700円 30日間
60GB データ追加 6,490円 90日間
150GB データ追加 12,980円 180日間

通話トッピング

通話トッピングはどちらも月額制になっています。

5分以内通話かけ放題 月額550円
通話かけ放題 月額1,650円

コンテンツトッピング

povoには他社サービスを少しお得に契約できるトッピングもある。

DAZN(スポーツ配信サービス) 760円(7日間)
smash(バーティカルシアターサービス) 220円(1日間)

サポートトッピング

スマホが故障や破損、水漏れなどになったとき端末交換ができるトッピングです。

スマホ故障サポート 月額830円

お買い物でデータ容量が貰える#ギガ活

povoには日々のお買い物でデータ容量が貰える「#ギガ活」という制度があります。

例えば、デリバリーで昼食を頼んでデータ容量をもらったり、povo仕様のシェア自転車を探してデータ容量をもらったりなど…日々の生活のなかでデータ容量がもらえます。

もっと身近なところで言うと、ローソンやすき家・王将・ドトール・日高屋でも一定額以上の購入をするとデータ容量がもらえます。

ローソン 500円以上の購入 300MB
すき家 500円以上の購入 300MB
魚民 2,000円以上の購入 1GB
白木屋 2,000円以上の購入 1GB
AOKI 7,000円以上の購入 3GB
アート引っ越しセンター 20,000円以上の購入 20GB

他にも色々なお店でデータ容量がもらえます!#ギガ活 対象のお店・サービスの一覧はこちら

最後に

今回はahamo、LINEMOよりもpovoがおすすめですよ!という紹介でした。

3つとも家族割りなどのキャリアの割引が一切ないので、使うなら拡張性に長けて合理的なpovoが1番だと思います

現在SoftBankやドコモを契約している人でもスマホで簡単に手続きが行えるのでpovoに乗り換えませんか?

最後までご覧いただきありがとうございます。

【なおくんのSNS】

【note】

noteでもスマホやパソコンなどの記事を書いていますので、ぜひご覧ください。あとフォローもお願いします。

【案件の依頼やお問い合わせはこちら】

    ネットワーク
    naokunをフォローする
    なおコンサルティング
    タイトルとURLをコピーしました