【学生必見】5万円で作るゲーミングデスクトップPC

デスクトップPC

どうも、なおです。

今回はたった5万円でゲーミングPCを組む方法を紹介します。

5万ですがAPEXやVALORANTなどのFPSゲームもプレイできます。Cities: Skylinesのようなシュミレーションゲームには少しスペックが足りないので、そういったゲームをプレイしたい方には向かない記事です。

あと最近Twitterのフォロワーが増えなくて悲しいです。よければフォローお願いします。

5万円で自作ゲーミングPCは無理

5万円でゲーミングPCを”組む”と言いましたが、自作PCのように1つ1つのパーツを買って組むのは無理です

理由はゲームに必要なグラボが高いからです。

グラボは最低でもGTX1650以上が必要だと思いますが、その価格は安くても2万円。つまり本体を3万円以内で組まないといけません。CPU・メモリ・ストレージだけで3万円は余裕で超えるので、5万円では自作ゲーミングPCを組めないというわけです。

なので今回は中古PCを利用します

中古PCであれば起動に必要なパーツが全て詰まって2, 3万円で買えます。あとは残りの2万円ほどをグラボに費やして、組み合わせれば5万円でゲーミングPCが作れます。

基盤となるパソコンを探す

まずは基盤となる中古PCを探します。

中古PCと言っても性能にこだわると5万円以上かかってしまうので、今回は下記の条件で探します。

  • CPU:Core i5以上 / Ryzen3以上
  • メモリ:8GB以上

中古PCを探すときは楽天市場がおすすめです。有名なショッピングサイトなので出品数も多く、メルカリやラクマのような個人の出品が少ないのでトラブルも少なく、アフターサポートをしてくれる場合もあります。

少し調べているとDellのOptiPlex7010という機種を見つけました。

スペックがCore i5・メモリ8GBで条件に当てはまっているうえに、新品の256GB SSDが搭載していて価格がなんと22,000円!?

完璧なパソコンを発見できたので、これを採用します。

詳細なスペックがこちら

CPU Core i5 3470
メモリ 8GB(DDR3-12800)
ストレージ SSD 256GB
グラボ なし
無線LAN/有線LAN 非対応/対応
OS Windows10 Pro 64bit

有線LANで接続するなら問題ないが、無線LAN(wi-fi)接続で使うのであれば別にUSB接続の無線子機を購入する必要がある

グラボを探す

次にグラボを探します。本体が22,000円だったので最高でも28,000円以内にグラボを収めなければいけません。

さらに採用したOptiPlex7010はSFFという薄型モデルなので普通のグラボは搭載できません。なのでロープロファイルという小型モデルに対応したグラボが必要です。

またOptiPlex7010は既製品なので外部電源を必要とするグラボも搭載できません。なので外部電源を必要としないグラボが必要です。

グラボの条件をまとめると…

  • 価格は28,000円以下
  • ロープロファイル対応
  • 外部電源不要

これらの条件に該当する最も性能の高いグラボはGTX1650です。

GTX1650は低価格ゲーミングPCの定番で、今でも使っている人が多い有名なグラボです。

価格はAmazonセールで27,071円になってるのでセーフですね。(2022年3月31日時点) もし今セールでなくてもAmazonは頻繁にセールをしているので、そういったときに買いましょう。

グラボを組み込む

グラボは開封時点で普通サイズのブラケットが取り付けられているので、付属のロープロファイル用のブラケットを付け替えます。付け替えには六角ドライバーがあると便利です。

あとはパソコンを側面カバーを外して、上の写真の赤丸の部分を外します。さらに背面にある金属の板も2枚外します。あとは写真上側のスロットにグラボを挿せばOK。最後に赤丸の部分を元に戻して側面カバーを取り付けましょう。

最後にドライバというソフトをインストールします。ドライバはOSがパーツを制御するためのソフトです。

今回はNVIDIAのグラボなのでNVIDIAの公式サイトからドライバをダウンロードします。

写真の通り項目を選択して[検索]をクリック、[ダウンロード]をクリックしてドライバをダウンロードします。

ダウンロードが完了したらフォルダーを開いてインストールを開始します。インストールオプションは[高速(推奨)]を選択して次に進みます。最後に全ての項目にチェックを外して終了します。

これで5万円のゲーミングPCが完成しました!!

今回紹介した商品がこちら

パソコン本体:Dell OptiPlex7010(中古)

無線LAN子機:TP-Link TL-WN725N(新品)

グラボ:MSI Geforce GTX1650 LP(新品)

僕のように無線LAN子機が不要で、グラボをセール価格で買ったときは合計金額:49,071円です。

セールなしの通常価格のときは合計金額:53,003円です。これでも結構安いと思います。

最後に

今回は5万円で作るゲーミングPCということでいかがでしたか?

お金のない学生や初めてのゲーミングPCを求めている人には参考になる記事だったと思います。

僕はこのパソコンでAPEXとVALORANTしかプレイしてませんが、どちらも快適にプレイできました。

みんなも試してみね。最後までご覧頂きありがとうございました。

それではまた👍

【おすすめのブログ | 重藤録】

重藤録はタブレットを中心に数多くのガジェットを紹介するブログです。是非ご覧ください。

【なおくんのSNS】

【Twitter】

Twitterやっていますので、ぜひフォローお願いします🙏

【note】

noteでもスマホやパソコンなどの記事を書いていますので、ぜひご覧ください。あとフォローもお願いします。

【案件の依頼やお問い合わせはこちら】

    デスクトップPCパソコン
    naokunをフォローする
    なおコンサルティング
    タイトルとURLをコピーしました