【キーボードの基礎知識】これさえ読めば全てを理解できる

キーボード/マウス

なおです。

今回はパソコンに必要な入力を行うデバイス、キーボードを完全解説していきます。この記事さえ読めばキーボードの全てを理解したと言っても過言ではないと言えるほどです。キーボードを買う時の知識として参考にして下さい。

この記事で紹介するキーボードは外部キーボードと呼ばれるデスクトップパソコン向けのキーボードです。

キータイプ

現在キーボードには4つのタイプがあります。それがメンブレン・パンタグラフ・メカニカル・静電容量無接点方式です。それぞれの特徴について簡単に解説します。

メンブレン

引用元:エレコム

メンブレンキーボードは1枚のシートのような基盤が使われています。安価なキーボードの多くはこのメンブレンを採用しています。非常に一般的なキーボードです。

  • 安い
  • 打鍵感△
  • 押し心地:ぶにぶに

パンタグラフ

引用元:エレコム

パンタグラフキーボードは電車の天井についているひし形のパンタグラフのような構造をしています。ノートパソコンなどの薄型キーボードにはパンタグラフが採用されています。

  • 安い
  • 打鍵感△
  • 押し心地:ぱたぱた

メカニカル

メカニカルキーボードはキーの1つ1つ軸と呼ばれるスイッチが入っている(上記写真参照)。最近流行りのゲーミングキーボードの多くはこのメカニカルを採用している。また軸の種類によって特徴がある。

  • 安い~高い
  • 打鍵感○
  • 押し心地:かちかち/さくさく

静電容量無接点方式

引用元:REALFORCE

静電容量無接点方式キーボードはキーを押したことを電極が接することなく認識されるため耐久性が非常に高い。いわゆる高級キーボードと呼ばれるキーボードはこの静電容量無接点方式が採用されている。東プレ(会社名)のリアルフォース(キーボードの名前)が有名である。

  • 高い
  • 打鍵感◎
  • 押し心地:さくさく/すこすこ

キーピッチ

キーピッチは名前の通りキーの間隔のことです。キーとキーの間が極端に狭かったり、広かったりするとタイピングしづらくなります。

例えばキーの横幅が17ミリでキーとキーの間が2ミリある場合、キーピッチは19ミリとして表記されます。キーの横幅もキーピッチ同様に小さすぎるとタイピングの際に誤入力が多くなりますので、極端に狭いものは避けましょう。

キーストローク

キーストロークはキーを押したときにどれくらいの深さを押した地点でキーボードがキーを押したことを認識するかです。簡単に言えばキーを押す深さですね。キーストロークが浅いと少し押しただけで反応します。また深いとしっかりと押し込まないと反応しません。

ゲーミングキーボードの多くはキーストロークが一般的なキーボードよりも浅く設定されています。それはキーボードを押した瞬間にすぐ反応できるようにするためです。特にFPSゲームなどのアクションゲームでではキーストロークが浅いキーボードを使用する人が多いです。

しかしキーストロークが浅すぎると少し触れただけで押してしまうことになるので文字入力などには不向きです。

接続方式

現在キーボードとパソコン本体の接続方法は有線・Bluetooth・USBレシーバーの3つがあります。それぞれの特徴などについて解説します。

有線

有線タイプはキーボードから出ているケーブルをパソコンに挿すと使えます。後に紹介する2つタイプに比べ生産コストが安いのでキーボード本体の価格も安くなります。また有線なのでキーボードを充電したり、電池を交換する手間はありません。3つの中で最も接続が安定しています。

Bluetooth

引用元:Amazon

Bluetoothタイプは名前の通りキーボードとパソコンをBluetoothで接続して使います。パソコン側がBluetoothに対応している場合でないと使えません。しかしコンパクトなので持ち運びも簡単です。バッテリーの充電式と電池式の2種類がありますが、個人的には長期的に使える電池式が好きです。

USBレシーパー

引用元:Amazon

USBレシーバータイプは付属のUSBレシーバーをパソコン側に挿すことで使えます。このUSBレシーバーとキーボードが接続されます。最近ではこのUSBレシーバータイプのキーボードが増えています。Bluetoothタイプ同様にバッテリー充電式と電池式の2種類があります。

まとめ

有線タイプとBluetoothタイプ、USBレシーバータイプの良い点・悪い点をまとめると下記の通りです。

有線タイプ

  • 充電や電池交換の必要がない
  • セットアップの必要がない
  • 接続が安定している

Bluetoothタイプ

  • 持ち運びが簡単
  • セットアップが必要
  • 充電や電池交換が必要

USBレシーバータイプ

  • USBレシーバーを挿すだけで使える
  • 持ち運びが簡単
  • 充電や電池交換が必要

キーボードのサイズ

キーボードにはサイズの規格があります。今回は1番大きい規格から順番に3つ紹介します。

フルキーボード

引用元:エレコム

昔のキーボードは全てフルキーボードと呼ばれるテンキーが付いたキーボードが一般的でした。現在でもビジネスの現場ではフルキーボードが多く採用されています。キーボードの中でもフルキーボードが最も大きい規格になっており、キーボードの機能を全て搭載しています。

テンキーレスキーボード

引用元:エレコム

さきほどのフルキーボードにはテンキーが付いていましたが、キーボードを使う人の中にはテンキーを使わない人もいます。そんな人のために作られたのがこのテンキーレスキーボードです。フルキーボードからテンキーがなくなり少しコンパクトになりました。

またキーボードの製品名に「TKL」と入っている製品はテンキーレス(TKL)キーボードです。

コンパクトキーボード

引用元:エレコム

テンキーレスからさらに小さくしたキーボードがコンパクトキーボードです。コンパクトキーボードは外出先などに持ち運ぶキーボードとしてよく使われます。家やオフィスで作業するなら機能の充実したテンキーレスキーボードやフルキーボードを買ったほうがいいです。

まとめ

キーボードの平均価格はフルキーボードが最も高く順にテンキーレスキーボード、コンパクトキーボードです。キーボードを小さくするメリットとして、持ち運びが簡単になることやキーボード操作からマウス操作までの手の移動距離の短縮などがあります。

キーボードは文字入力キー・コマンドキー・テンキーがあり、フルキーボードは全ての機能を搭載しており、テンキーレスキーボードは文字入力キーとコマンドキーコンパクトキーボードは文字入力キーのみ、というかたちになっています。

キー配列

最後にキーボードの配列についてです。キーボードの配列にはいくつか種類がありますが、今回は日本で代表的な日本語配列と英語配列の2種類を解説します。またWindows用とMac用でも配列が少し異なりますので、それについても解説します。

日本語配列

引用元:Tamoc

日本語配列は別名JIS(ジス)とも呼ばれ、日本では一般的なキーボードの配列です。特徴としてはエンターキーがキー2段分で大きいことです。

英語配列

引用元:Tamoc

英語配列はUS(ユーエス)配列とも呼ばれ、日本では日本語配列に比べシェアが劣りますが使用している人も少なからずいます。僕も現在英語配列のキーボードを使用しています。特徴としてはエンターキーがキー1段分で小さいことです。

Windows用とMac用

日本語配列と英語配列の他にWindows用とMac用というキーボードの種類があります。上の日本語配列と英語配列のキーボードの写真はMac用のキーボードです。

引用元:CORRIENTE.TOP

この写真は日本語配列のWindows用キーボードとMac用キーボードです。それぞれ馴染みのある人も多いでしょう。見て分かるように文字入力のキーはほとんど変わりません。しかし左下の部分を比較するとMac用キーボードにはAltやWindowsキー、Fnキーがありませんね。

もちろん購入する際はそれぞれのパソコンに合ったキーボードを買って下さい。WindowsユーザーならWindows用キーボードを。MacユーザーならMac用キーボードを。

まとめ

今回はキーボードの基礎知識ということで

  • キータイプ
  • キーピッチ
  • キーストローク
  • 接続方式
  • キーボードのサイズ
  • キー配列

について解説しました。キータイプのときにメカニカルキーボードは軸の種類によって特徴があると言いました。今度はこの軸についての記事を書こうと思います。今回の記事がキーボードを購入する際の参考になると嬉しいです。

それではまた。

【なおくんのSNS】

【note】

noteでもスマホやパソコンなどの記事を書いていますので、ぜひご覧ください。あとフォローもお願いします。

【案件の依頼やお問い合わせはこちら】

    キーボード/マウス周辺機器
    naokunをフォローする
    なおコンサルティング
    タイトルとURLをコピーしました